オススメの家庭用血圧計

家庭用血圧計


自分の健康状態を知る上で血圧の測定は大切です。特に高血圧の治療を受けている人、肥満の人、高齢の人は家庭で血圧を測ることをお勧めします。
分類 収縮期血圧 拡張期血圧
III 度高血圧 ≧180 ≧ 110
II 度高血圧 160~179 100~109
I 度高血圧 140~159 90~99
正常高値血圧 130~139 85~89
正常血圧 < 130 < 85
至適血圧 < 120 < 80
日本高血圧学会の血圧分類(成人)
成人の血圧分類
高血圧のタイプ
高血圧・・・家庭でも病院でも血圧が基準値より高いタイプ。治療が必要。

白衣高血圧・・・家庭で測る血圧(家庭血圧)は正常だが、緊張によるストレスなどで病院で測る血圧(外来血圧)が高くなるタイプ。治療の必要はないが、将来本当の高血圧に移行する可能性もあるので経過観察が必要。

仮面高血圧・・・外来血圧は正常だが、家庭血圧が高くなるタイプ。早朝高血圧、夜間高血圧、ストレス高血圧などがあり、放置しておくと心筋梗塞や脳卒中のリスクがあるので経過観察及び治療が必要。

血圧と脳卒中の関係
脳卒中は日本人の死因の第3位です。脳卒中には血管に血栓がつまる脳梗塞と脳出血があります。近年増加傾向の脳梗塞は、血圧が高い人ほど発症リスクが高まることが研究で分かっています。脳梗塞は最大血圧が140mmHg以上、最小血圧が90mmHg以上から発症数が急激に増えます。そのまま放置しておくと早朝高血圧による急激な血圧上昇が最後のトリガー(引き金)を引いてしまいます。脳卒中は手当が遅れると重い後遺症を残したり、そのまま死亡することもあります。このような事態を防ぐには、高血圧症の早期発見・早期治療が重要です。

*家庭で毎日、血圧測定を行なっていると、病院の検査や健康診断で発見されにくい「仮面高血圧」を早期に発見することができます。

信頼性から言うと、手首式より上腕式の方がより正確な血圧が測れます。
低価格で高性能 人気の家庭用血圧計の一覧

オムロン 上腕式デジタル自動血圧計 HEM7051

ベストセラー商品、30回分のメモリー機能付き

日本精密測器 手首式デジタル血圧計 WS-900

測定結果を60件メモリーできる

オムロン 手首式血圧計デジタル自動血圧計 HEM-6022

手首に「ぴったりフィット」するカフを採用

オムロン HEM-7200 自動血圧計

血圧値レベル表示でわかりやすい

テルモ 電子血圧計TERUMO アームイン・プラス血圧計 ES-P2000BR(メモリ-ツキ)

医師と同様に血管音を聴いて測定

タニタ デジタル血圧計(手首式)TANITA BP-210-PR

脈の乱れが検知できる、最大200回分までメモリー

家で血圧を測るときの注意点
・毎日同じ状態で決まった時間にリラックスした状態で測る。血圧はノートに記録しておく。

・からだを締めつけたり圧迫するような服や姿勢は避ける。

ナビゲーション